腹ペコ隊が行く!!大盛り、特盛り、てんこ盛り!!

飯を食いに行っても隣の人のご飯の盛りがつい気になってしまう食いしん坊な管理人(親父.com)の雑食記です。

東京トンテキ なんぱパークス店 大トンテキ定食+単品トンテキ200g ライス特盛+α

閉店されたご様子です…
お疲れ様でした…m(_ _)m
2011/05/04
CIMG1293_convert_20110504180414.jpg
CIMG1295_convert_20110504180452.jpg
GW真っ只中…、なのに俺はなんで仕事なんてしてるんだろうと思いつつも本日は大阪府は大阪市浪速区難波中 なんばパークス内6Fにある東京トンテキさんへこっそりとお邪魔して参りまいた。
この間、大阪トンテキさんのレポを書いている時に食べログ見てたら“東京トンテキ”さんなるお店を発見!!
メニューもそんなに大差はないですが、大阪トンテキさんにて食べた“メガトンテキ定食(500g)”にあたる“特大トンテキ定食(500g)”が大阪トンテキさんとは違い一枚肉で提供されるとの事…!!
大阪トンテキさんは2枚で提供されており、それも中々のボリュームではありましたがやはり1ポンドを超える1枚の肉の塊…、非常に興味あるじゃないですか!!w
ここは京都王将と大阪王将の味の違いを探究すべく調査が必要なんじゃないかと思って迷いなく突撃してしまいましたですw

GWって事もありコインパーキングに停めるのも一苦労(時間かかりますたw)であります…w
上記の店舗外観の画像を見てもらえれば分かるんですが、こないだの大阪トンテキさんとは打って変わってファミレスのような明るい店構えであります。
実際通り過ぎようとしましたから…w
フロアを歩いていて、東京トンテキってネオンが目に入り、
“うわっ、ここかよ?w”
って思わず声を出しちゃいましたから…w
オープンと同時に駆け込みたかったんですが、お店に到着したのは11時半過ぎぐらい…、さすがに休日といふこともありお客さんが多いです。
最初は2人掛けのテーブルに案内されたんですが、これからますますお客さんも増えるでしょうから、“自主的にカウンターでいいよ”ってな事でカウンターに移動させてもらう。
取り敢えずメニューをどんそです。
CIMG1276_convert_20110504175914.jpg

CIMG1277_convert_20110504175933.jpg

CIMG1278_convert_20110504175948.jpg

CIMG1279_convert_20110504180005.jpg
大阪トンテキさんと同じように“トンテキ”や“トンバーグ”もあるんですが、他にも1品メニューなどが充実しているやうですね!!

当然狙っているのは500gの肉の塊のトンテキ…、特大トンテキ定食(500g)であります。
ライスは大盛りまでは無料のやうですが、特盛にすると100円アップとなるやうであります!!
当然、親父.comとしては迷うことなく特盛をオーダー!!
フッフッフッ!!、100円プラスの破壊力を見せて貰おうじゃありませんかw










…なんて馬鹿な事を考えているとオーダーを取ってくれた可愛いお姉さんが青い顔をして戻って来てポツリと…、
「申し訳ありませんお客様、特大トンテキのお肉を切らしておりまして…」
















(´・ω・`) (´・ω・`) (´・ω・`)




全くもってショボーンである…w
連休のせいなのか、前日に売り切れたせいなのか、それとも当日分の仕入れ分がまだ未着だったのかいささか残念な結果であります。
そんな事を悔んでいてもしょうがないのでオーダーのし直しであります。
んで、焦ってたんで普通に大トンテキ定食(300g)を頼んでしまう。
“今日も500gの豚肉でガッツリといきたかったんだけどなぁ…”
と思いつつメニューを見直していたら単品のメニューとしてトンテキ(200g)、大トンテキ(300g)、特大トンテキ(500g)がある事を発見!!
「じゃぁ、単品のトンテキ(200g)を追加したら肉一塊ではないが500g分喰えるじゃん!!」
と思いなおし、追加で単品のトンテキ(200g)を追加でオーダーする!!
…でもよくよく考えればここで大トンテキ(300g)の単品を追加しておけば合計600gでさらに幸せになれたんじゃないかと気がついたんですが。オーダーの変更の変更はさすがに申し訳ないと思って泣く泣く諦めるw
そんな事を考えているとフライパンを敷く為の鍋敷きを持って来てくれる。
CIMG1275_convert_20110504175839.jpg
そしてオーダー変更から5分とかからずにオーダーしていた物が提供される。
大トンテキ定食(300g)+単品トンテキ(200g) ライス特盛 2100円
CIMG1280_convert_20110504180023.jpg
結構深めのフライパンに入っているので分かり辛いですがちゃんと分厚いお肉が2枚入っております!!
CIMG1281_convert_20110504180045.jpg
ライスは特盛でオーダーしているんですが…、う~んっ…w
他のお客さんへ提供されている大盛り・デフォのライスと比べると遙かに多いんですが、う~んっ、う~んっ…w
これが100円アップ(追加)の特盛だと思うと頭が痛くなってきてさらにう~んっ、う~んっ、う~んっ…w
CIMG1282_convert_20110504180100.jpg
キャベツの量が半端ないですね!!
CIMG1283_convert_20110504180119.jpg
大阪トンテキさんのメガトンテキよりもボリュームあるかも…
もしかしたら特大トンテキを切らしてた事による愛情盛りがあったのかしら?(まさかね…?)
CIMG1284_convert_20110504180141.jpg
大阪トンテキさんと比べても遜色のない分厚さであります!!
CIMG1285_convert_20110504180157.jpg
ミネストローネ風なオニオン系のスープです。
味はまぁ、そのなんだ…普通ですw
CIMG1286_convert_20110504180215.jpg
まずはトンテキから食べるべくフォークで肉片を突き刺しナイフを入れるが異常な柔らかさ…!!
大阪トンテキさんのはかなり硬かったんですが、こちらのは比べ物にならない位の柔らかさであります。
豚肉へのカットは大阪トンテキさんと変わりない(やや切れ込みが深かったですが)んですが、本当にナイフをスッとあてがうだけでカット出来るほどの柔らかさであります。
口の中に入れてみるとさすがに溶けるほど…とまではいきませんがかなり柔らかくジュースィーであります。
ですが残念なのがソースです…、物凄く辛いです…。
ウスターソース系のソースに醤油や酢(卓上のあったバルサミコ酢かな?)と大量の油が加わったような感じの味付けなんですが、大阪トンテキさんほど甘味が前に出てきてないので醤油辛いといふか塩辛かったです。
肉系の料理のソースはご飯にかけたくなるタイプなんですが、これはご飯にかけたいとは思えませんでしたね…_| ̄|○
そしてさらに残念だったのがフライパンは熱々、そしてソース(つか油ですね…w)も熱々なんですがお肉のほうが中途半端な熱さ…つか生ぬるかったのが残念であります。ソースに浸っている部分は熱かったんですがねぇ…!!
そしてメニューに写っている程ガーリックチップが乗っていなかったのもさみしかったですね!!
低温のラードでしっかりとコンフィされて柔らかく旨味がある素材の豚肉さんをしっかりと生かせてない感じですね。
豚肉そのものの質・調理方法は大阪トンテキさんよりも東京トンテキさんのほうが上じゃないのかな…?と思うだけに甚だ残念であります。
豚肉が残り2切れほどになった所で、卓上にマヨネーズがあったのでかけてみると味がまろやかになって非常に旨い!!
ソースの味が自分の舌に合わないって方は是非試してみて下さいね~(僕は試してないですがバルサミコ酢もどうぞ)
そしてソースの辛さと油のクドさに悩まされながら14分程で無事に完食!!
CIMG1287_convert_20110504180232.jpg
「アレッ…、今日はご飯のお替りしてないじゃんよ!!」
と思われた方…、鋭いですねw
こちらのお店は大阪トンテキさんと違ってライスのお替りもしっかりとお金を取られるので、同じお替りするならこっちをオーダーしちゃえ!!
とおもって追加でこちらもオーダー…w
目玉ガーリックライス 500円
CIMG1288_convert_20110504180248.jpg
フライパンは小さめですが、意外と深さがあるので見た目結構ボリュームがあります!!
CIMG1289_convert_20110504180304.jpg
1合ちょい位はありそうですね!!
CIMG1290_convert_20110504180322.jpg
し・か・し…、目玉焼きが半熟じゃない…w
いきなりテンションがダダ下がりであります…w
CIMG1291_convert_20110504180339.jpg
黄身を潰して、全体に絡めて食べる予定だったのに…w
普通なら半熟は絶対的…な感じなんですが、僕の分だけだったんでしょうか…?
ここは半熟にして欲しかったですねぇ…。
ってな文句言っててもしょうがないので普通に食べ始めるが、如何せんトンテキのソースが濃ゆかっただけにいまいちインパクトを感じない味付けで…w
ガーリックの味はしっかりとしてたんですがねぇ…、油っぽかったのもイマイチでしたねぇ…。
トンテキを食べきった後に喰ったのは失敗だったかもです…w
目玉ガーリックライスも食べてみたい方は、定食にせずに単品でトンテキなどをオーダーした後にこちらもオーダーするのがよろしいかと…。
そして6分ほどで目玉ガーリックライスも無事にやっつける…。
CIMG1292_convert_20110504180354.jpg
回転が速いせいか順番待ちが出来るほどではなく次から次へとお客さんがこられてましたね。
店内は広く明るいせいもあるのかチビッコ達を連れた家族で賑わっておりましたです。
まぁ中にはカウンターで一人僕見たく黙々と食べておられる方もいましたが…w
大阪トンテキさんと東京トンテキさんの違いをチェックしにやってきた訳ですが、かなり違うのに驚きましたね。
京都王将と大阪王将との微妙な差とは全く別物であります!!w(まぁこっちも店舗によってオリジナルな味付けしているところもあるので一概に差がない…とは言えませんがね…)

ほぼ同じ内容で800円もの値段差があるんですが、個人的な感想として肉質的には東京トンテキさん、味付けに関しては大阪トンテキさんのほうが好みでしたね。
後、ニンニクも業務用のガーリックチップスを使わずにホクホクでゴロゴロとしたニンニクを添えてくれた大阪トンテキさんのほうがさらにポイントが高いですね!!
コストパフォーマンスで言えばお替りが無料である大阪トンテキさんが絶対でしょうね!!(800円も安いし…)
しかし東京トンテキさんは単品のサイドメニューもしっかりとしており、アルコール類もかなり豊富、店内も広く明るくゆったりとしており、カウンターとテーブルが1席のみの大阪トンテキさんと比べて解放感がありファミレス感覚でまったりと食事できるのはポイントは高いです。
個人的な見解ではありますが、お肉Loveでガッツリと黙々とトンテキにありつきたい…って方は“男飯タイプ”な大阪トンテキさんへ
家族連れや友達、恋人などとゆったりとした空間で、アルコールや豊富なサイドメニューも楽しみながら食事をしたい…って方は“ファミレスライク”な東京トンテキさんへ行かれては如何でせうか?
トンテキに興味ある方への参考になれば幸いです!!



●○●お店のデータ●○●
東京トンテキ なんぱパークス店
大阪府大阪市浪速区難波中2-10-70 なんばパークス 6F
電話番号/ 06-6599-8113
営業時間/ 11:00~22:00(L.O.21時30分)
定休日/ 無休
駐車場/ 無し(近くにCP有り)

東京トンテキ なんぱパークス店ステーキ / 難波駅(南海)大阪難波駅近鉄日本橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://harapekooyaji.blog104.fc2.com/tb.php/117-06ae5ec4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

親父.com

Author:親父.com
閲覧者の皆様方のお役に立てているかどうかは不明でありますがボチボチと食べ歩いております。

貴方のHP・ブログのリンクやブックマークに是非共に加われますように…!!

スポンサードリンク1

カスタム検索

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

最初に… (1)
デカ盛り系 ラーメン・つけ麺 (77)
デカ盛り系 カレー (44)
デカ盛り系 オムライス (23)
デカ盛り系 中華 (91)
デカ盛り系 丼物 (136)
デカ盛り系 粉物 (31)
デカ盛り系 洋食 (119)
デカ盛り系 ハンバーガー (9)
デカ盛り系 うどん・そば類 (26)
デカ盛り系 その他 (31)
デカ盛り系 デザート (59)
デカ盛り系 お手軽 チェーン店系 (9)
チャレンジメニュー系? (11)
食べ放題・バイキング・ブッフェ系 (20)
旨辛グルメ全般 (18)
変わり種・キワモノ系 (33)
通常版 旨グルメ (465)
通常版 ラーメン・つけ麺 (92)
通常版 デザート (242)
日常 (10)
ネタ? (13)
連絡事項 (7)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク2

月別アーカイブ(タブ)

お薦めのグルメ雑誌

new017_06.gif

















アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
1位
アクセスランキングを見る>>

スポンサードリンク3

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク4

お薦めのグルメ書籍